1. HOME
  2. 事業活動
  3. 防炎認定ラベル発行

防炎認定ラベル、防火壁装施工管理ラベルの発行について

消防法及び建築基準法では、人命を火災から保護するため、又一旦火災が発生した場合、火災の初期における人の安全避難を実現させるため、防火上の措置を定めています。
ラベルは大きく分けて防炎ラベルと防火施工管理ラベルの2種類になります。

消防法における防火上の措置

消防法及び同法施行令では、高層建築物、地下街、劇場、ホテル、病院等防火対象物において使用するカーテン・じゅうたん等は防火性能がある防炎物品でなければならないとし、防炎性能試験に合格した防炎物品には、防炎性能があることを示す唯一にあかしとして「防炎ラベル」を表示することになっています。

防炎物品ラベル(一部)

  • 敷物用ピースラベル
  • 敷物施工用ラベル
  • カーテン用ラベル(イ)
防炎ラベル表示のきまり
防炎ラベルには「材料ラベル」と「物品ラベル」の2種類があります。
裁断・施工・縫製業の方々は、必ず「材料ラベル」のついた原反を使用して下さい。
防炎性能を確認せずに防炎表示を行わないでください。
防炎ラベルを譲渡したり融通することは禁じられています。
防炎ラベルの品目間流用は認めません。

建築基準法における防火上の措置

建築基準法及び同法施行令では、防火の対象となる建築物を定め、これらの建築物の壁・天井の室内に面する部分の仕上げを防火上支障がないようにしなければならないとし、この部分に用いる内装材(防火材料)の種類を制限しています。(内装制限)
防火材料は、不燃材料、準不燃材料、難燃材料であり、それぞれ防火性能が決められ、かつ国土交通大臣が定めたものか認定したものとされています。

防炎対象建築物(部分抜粋)
特殊建築物(劇場・映画館・公会堂・病院・ホテル・百貨店・キャバレー等)
階数が3以上の建築物、延べ面積が1,000平方メートルを超える建築物
政令で定める窓、その他開口部を有しない居室を有する建築物
防炎ラベルを譲渡したり融通することは禁じられています。

防火壁装施工管理ラベル・・・内装制限に対する業界の対応

防火壁装材料の壁紙は「下地材及び施工方法等の条件を同一として下地に施工されたもの」として防火材料に認定されているもので、壁紙の業者等が、これらの条件に合致する内装の防火仕上げを行った場合、その箇所に防火性能を示す「防火壁装施工管理ラベル」を表示することになっています。
尚、防火壁装施工管理ラベルは、壁装工事施工者が自己の責任を明確にし、確実に認定条件どおりに仕上たことを示す唯一のあかしであり、又居住者に安心と信頼をいただくひとつの手法として壁装施工団体協議会が全国同一の基準とシステムを構築し、実施している制度です。

防炎壁装材料ラベル

  • 不燃材料
  • 準不燃材料
  • 難燃材料

このページの先頭へ